意外に知られない電化製品が安全に使えるためのEMC試験

日本の電化製品が世界に誇れるのは安全性が高い

現在日本にやってくる訪日外国人が増加傾向にあるのですが、そのもうにちする理由は観光だけでなく日本で作られている電化製品を自国に持っていきたいというニーズがあるからなのですよね。どうして日本の電化製品がここまで望まれているのかというと、製品の質の中で日本の電化製品は長持ちするし安全面でも高い水準があることでしょう。やはり毎日使う電化製品なのだからすぐに壊れる物よりも、長く安全に使える方が何かと得な部分が大きいのが理由として挙げられます。

安全性が高いのは検査基準が高いからである

日本の電化製品の品質が高いのは作ってからすぐに店頭に並ぶのではなく、店頭に並ぶ前に一度専門の検査機関を通して安全性を確かめるからですよね。その専門の検査機関というの多種多様にあり、例えばウォーターカッターで作った製品を真っ二つにして内部構造を見てその他の類似品に不具合がないかを確かめたり、出来上がった製品の使われ方を数百回以上こなすことで壊れないかを確かめるといった形です。こういった検査をくぐりぬけたものがやっと店頭に並べるので、安全性が高い理由となっているのです。

あまり知られないEMC試験

どんな度重なる検査を行った上で店頭に並ぶことになる電化製品ですが、その検査の中であまり知られていない検査があることを知る人は少ないと言えるでしょう。その検査の一つがEMC試験です。EMC試験は電化製品が打電磁波を測定して、その電磁波によって電化製品が壊れないかを判断するものです。先に言ったとおりに電化製品は一家に複数台あるのが当たり前で、それが長く使えることが良い製品となります。ただし電磁波というのは厄介で、それぞれの製品によって発する電磁波には違いがありそれが他の製品に影響すると不具合が出ることがあります。そこで一つの製品をEMC試験にかけることで、それぞれ家で使う製品の電磁波量を浴びせることで壊れないかを判断することができます。

EMC試験とは電化製品から発生している目には見えない電気的ノイズを抑えて、電磁波による悪影響がないかを測定する試験のことをいいます。