身体に負担があまりかからない?!最先端のガン治療法

これまでのガン治療法は?

日本の死亡原因第1位は皆さんご存知の通り、ガンです。これまでのガン治療法では、CT検査なとで、身体の内部を見ることにより、ガンを発見したり、放射線や抗ガン剤を使用する方法が一般的でした。しかし、これらの治療法では、ガンの早期発見難しかったり、治療による副作用が心配されているのが現状です。しかし、ここ最近の医療の進歩で、これらガン治療法に関する問題点を克服することが可能になってきました。今回は最近のガン治療法を紹介します。

最先端のガン検査、PET検査とは?

これまでのガンの発見にはCTなどを用いることにより、身体の内部からガンを直接発見する方法が使用されてきました。しかし、この発見方では医師の主観が強くなるため、技術的にむずかしい、早期のガンの発見が難しいといった欠点もあります。そこで、最近注目されているのがPET検査です。これは特殊なガン細胞の性質を利用し、検査薬を用いることで、ガン細胞を光らせます。この、ひかりの強さが健常者と比較してどうかという点で検査を行います。副作用もないほか、光の強度という目安もあるため正確性も高いです。

副作用が少ないガン治療法

また、抗ガン剤や、放射線など、副作用が心配される現在の治療法に代わり、免疫治療法というものがここ数年で進歩してきました。免疫治療法とは、自分の免疫細胞を取り出して、体外で増やして、活性化させます。この細胞を体内に戻し、がん細胞を攻撃し除去するといった治療法です。治療では注射や短時間の点滴だけで行えるので、通院のみで治療できます。自分の細胞を使用しているため、副作用の心配もなく、安全なガン治療法として注目を集めています。

がん先端治療の成功率を高めるには、充実した医療環境が整っている大学病院や研究機関に相談をすることが重要です。