太陽光発電設備の導入を考えているあなたに

太陽光発電についてどこまで知っていますか?

太陽光発電について、ソーラーパネルを見たことがないという人はいないと思われますが、それを家庭に導入した場合、どういったメリットがあるのか具体的に知っている人は少ないのではないでしょうか?最近は、個人宅に大規模な太陽光発電設備を導入する家庭なども増えてきており、時代の流れとしては太陽光発電はより身近なものになりつつあります。では、家庭用太陽光発電設備を導入することで、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。

太陽光発電の導入によりお得になることは?

太陽光発電設備を導入すれば、同然のことながら、それによって発電された電気を家庭で使用することができるようになり、その分の電気代がお得になります。また、国の制度により、一定の条件を満たせば、家庭用太陽光発電設備で発電した電力を、電力会社に販売し、その代価を受け取ることで、お金を儲けることができます。さらに、家庭の設備をオール電化など、電力製品中心に切り替えれば、ガスなどを利用した場合よりもお得に生活することができるようになります。

ちょっと待った!太陽光発電を導入するその前に

家庭用太陽光発電設備の導入により、電気代がお得になり、売電によりお金も設けられるなどのメリットばかりが目につきますが、何よりも忘れてはいけないのは、太陽光発電設備の導入にあたっては、初期投資が必要になるということです。設備の規模にもよりますが、ある程度の実用的な設備にするためには、百万円以上から数百万円の費用がかかることは覚悟する必要があります。その設備の導入コストと、将来的に得られる利益の見込みやリスクなどを考慮して、導入を判断すべきなのです。

自然エネルギーである太陽光を用います。ソーラーパネルに太陽の光を集め太陽電池や蓄電池を利用することで、直接的に電力に変換する発電方式が太陽光発電となります。その電力を電力会社に売ることも可能です。